TOYAMA ADC賞

TOYAMA ADC 2022 審査会 エントリー受付中

今年もTOYAMA ADC審査会の季節となりました。
富山県在住で作品のアートディレクションをされた方であればどなたでもご参加できます。

詳しい内容は応募要項をご覧ください。多数のご応募をお待ちしております。

※入力いただいたメールアドレスには、審査会で入選した場合のお知らせやクレジット入力のお知らせをお送りいたします。
また、来年度以降の作品応募のお知らせをお送りする場合がございます。

審査員

田中良治 Tanaka Ryoji

ウェブデザイナー
1975年三重県生まれ。同志社大学工学部および岐阜県立国際情報科学芸術アカデミー卒業。2003年セミトランスペアレント・デザイン設立。ウェブサイトの企画・制作から国内外の美術館・ギャラリーでの作品展示までウェブを核とした領域にとらわれない活動を行っている。武蔵野美術大学教授。

河西智彦 Kawanishi Tomohiko

株式会社博報堂 クリエイティブディレクター/コピーライター
マス広告のクリエイティブだけでなく、SNSによる情報拡散、商品開発、戦略PRまでおこない、予算にかかわらず企業の売上増を実現するCD。幸楽苑「2億円事件。」、ソフトバンク「工事がいらない」、「森永製菓ベイクを買わない理由100円買い取りCP」、「スペースワールド閉園CP」、姫路セントラルパーク「日本一心の距離が遠いサファリパーク」、岩手日報「最後だとわかっていたなら」など。カンヌライオンズGOLD、ACC GOLD、電通賞部門最高賞などグランプリクラスを30以上受賞。2019年クリエイター・オブ・ザ・イヤー・メダリスト。2021年日本プロモーショナルマーケティング協会ベストクリエイター。著書「逆境をアイデアに変える企画術」

田中せり Tanaka Seri

アートディレクター/グラフィックデザイナー
1987年生まれ。2010年武蔵野美術大学視覚伝達デザイン学科卒業。同年、電通入社。主な仕事に、日本酒せんきんのロゴ、GOOD
GOODS ISSEY MIYAKE「PACKAGE」のアートディレクション、森美術館「アナザーエナジー展」の宣伝美術、PACRO「P.O.N.D.」の
アートディレクション、本屋青旗のロゴなど。作品制作や展示なども行う。JAGDA新人賞、CANNES LIONS Silver受賞。

エントリー2022年5月23日(月)10:00~6月6日(月)12:00
作品搬入2022年6月10日(金)10:30~13:00 富山市民プラザ2F アトリウム
持参するもの
□応募カードを貼った作品
□出品料(現金のみ)
※映像作品(TVCM等)は6月7日(火)12:00までに data@toyama-adc.comへデータを送付してください。
審査会2022年6月11日(土)10:00~17:00
審査会の様子はYouTubeでライブ配信予定

授賞式・審査講評は17:20~(予定)
交流会未定

TOYAMA ADC年鑑への広告掲載について

富山アートディレクターズクラブでは年1回10月に発行している年鑑へ広告を掲載していただける個人・企業・団体を募集しています。
広告の仕様の詳細については下記フォームからまたはPDFをダウンロードしご確認ください。


協賛広告申込フォーム

    広告枠タイプ【必須】
      

    各タイプの仕様および広告料をご確認ください。

    請求書について【必須】


    Cタイプ、およびDタイプを選択された方は下記に入力をお願いします。

    Cタイプ:4項目にご入力ください。
    Dタイプ:2項目にご入力ください。



    Cタイプを選択された方はキャッチフレーズを入力してください(20文字以内)


    This site is protected by reCAPTCHA and the Google
    Privacy Policy and
    Terms of Service apply.

    お申込み締切2022年7月4日(月)
    入稿締切2022年7月25日(月)